2010年01月16日

稲本潤一加入

2010年1月15日


川崎フロンターレに稲本選手が完全移籍で加入することが


公式発表された。


↓川崎フロンターレHP
http://www.frontale.co.jp/info/2010/0115_2.html


まさか本当に来るとは思わなかった・・・。


稲本はご存知の通り、ガンバ大阪→海外クラブ8チーム→川崎


と海外経験の長さや日本代表経験、ワールドカップ経験など


輝かしい経歴を持っている。


そして、30歳という年齢からも、現役としてのサッカー人生の


終盤に差し掛かった今、川崎を選択し、2013年1月31日までの


3年契約を結んだ。彼の加入は川崎にとって、間違いなく大きな補強


と言えるでしょう。


そして、最近目覚ましい活躍を見せる谷口は、大変勉強になる


人物の加入になり、更なる刺激を受けること間違いなし。


チームとしても、初タイトル獲得やACLなど強行スケジュールの際の


選手層の厚みが増し、安定した戦いが期待できる。


ただ、タレントばかりいても、チームとして機能しないなんて


ことはよくあります。銀河系軍団だったレアル・マドリッド。


高畠新監督の采配の見せどころだと思います。


とにかく、開幕がより一層楽しみになりました。




【新体制発表会見の補足】

会見後秀樹コメント


スーツモデルの見たよ。

ヒデ:マジっ。あれ超恥ずかしいんだけど。。。


カズばりのターンとポーズやってたじゃん。

ヒデ:あんなの自分でやるわけないじゃん。はずかしー。

   会場いったら、そういうふうにやってくださいって、

   もう決まってて、しょうがないからがんばったんだよ。


そーなんだ。やんちゃに、はしゃいでるなと思ったけど、そういう

ことね。



  


posted by BLOLO at 01:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

新体制発表会見での出番は??

川崎フロンターレ

「2010新体制発表会見in洗足学園音楽大学」


開催日
2010年1月10日(日) 15:00〜17:30(14:00開場)


この会見で出番がありました佐原秀樹。


↓with supportersさん動画より


↓最後にもう一度出番



茶目っけ出してますね。


そして、「ナビスコ勝ってすみませんでした」ってふらふら


正月に会ったときに、このスーツのモデルで出るとは言ってましたよ。


音声が少し聞き取りづらいですが、秀樹鼻声になってます。


正月に風邪をひき、私も同じ症状でなかなか治りませんもうやだ〜(悲しい顔)


こんな時は、選手の間で誰が言い始めたか不明ですが、


龍角散のど飴がめっちゃ効くと、欠かさず持っておりました。


皆さんも気をつけましょうexclamation


posted by BLOLO at 10:40| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

川崎 ブラジル人トリオ契約更新

2010年1月8日


川崎フロンターレはジュニーニョ、ヴィトール、レナチーニョ


3人の契約更新をそろって発表した。


3人とも契約期間2010年2月1日〜2011年1月1日。


↓川崎フロンターレHP
http://www.frontale.co.jp/info/2010/01/


2010年もこの3人は健在となり、縦横無人にピッチを駆け回る


姿が見られる。


そして、噂されいてる稲本加入はあるのか・・・。





川崎フロンターレ 2008 [DVD]

川崎フロンターレ 2008 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 日活
  • メディア: DVD





posted by BLOLO at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

2010新体制発表会見

川崎フロンターレ

「2010新体制発表会見in洗足学園音楽大学」


開催日
2010年1月10日(日) 15:00〜17:30(14:00開場)


場所
洗足学園音楽大学 溝の口キャンパス内「前田ホール」
〒213-8580 神奈川県川崎市高津区久本2-3-1
・JR南武線「武蔵溝ノ口」駅 下車徒歩6分
・東急田園都市線「溝の口」駅 下車徒歩6分


スケジュール(予定)
・2010クラブ運営指針
・監督挨拶
・新加入選手発表、紹介、挨拶
・ユニフォーム、新背番号発表
・洗足学園音楽大学による生演奏
・サポーターとのふれあい 等


募集人数・条件(既に締め切り)
2010年度の川崎フロンターレ後援会会員限定
「1,000名」様


いよいよ新シーズンとして動き出しますね。


このイベントで秀樹も登場するようです。


どこで出るかはお楽しみに!



posted by BLOLO at 12:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【迎春】明けましておめでとうございます!

晴れ明けましておめでとうございます。晴れ


さて、毎年恒例となりました、ビリヤード対決の報告です。



2010年1月2日


FC佐原7−8AC・BLOLO

ナインボール


激闘の3時間30分あせあせ(飛び散る汗)、追いつき、追い越され、追い越しを両者


繰り返しましたが、最終ゲームで、まさかの逆転棚ボタ勝利が


転がり込み、私が勝ってしまったという結果になりました。


今年は、戦績や内容からしてほぼ互角でしたね。


ヒデ:や〜〜〜、疲れたふらふら


   負けたけど、今年はそんなに悔しくないなぁ


   ブレイクショットでエースも決めたし・・・



と、結果は別として燃え尽きたので、満足の内容だったようです。わーい(嬉しい顔)


一年最初の真剣勝負。今年を占うこの結果、果たしてどのような


一年となるのでしょうか。



ひらめき御礼ひらめき

前回記事に対するコメントを投稿していただいた、多くの方々


ありがとうございました。


この正月休み中にしっかり秀樹にも読んでもらいました。


秀樹の思い考えだけでなく、多くのファンの方々の思いや考えが


しっかりと伝わったと思います。


本年も応援よろしくお願い致します。




posted by BLOLO at 12:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

佐原秀樹 移籍期間満了

2009年12月11日(金)


ついに公式HPにて


「佐原秀樹選手 期限付き移籍期間満了のお知らせ」

http://www.fctokyo.co.jp/home/index.phtml?cont=item&item=8889


が発表され、今季限りでFC東京を去ることが確定した。


そして、今日12月12日のイベント


「12番目の選手の日〜12月12日は味スタに集合!〜』


にて、FC東京としての最後の姿となる。

http://www.fctokyo.co.jp/home/index.phtml?cont=item&item=8899

FC東京HPより
02074.jpg


サッカーイベント後の FC東京 佐原秀樹 コメントサッカー

今日はイベントお疲れ〜


ヒデ:お疲れー


昨日ついに公式HPで移籍満了発表されたね


ヒデ:みたいだね・・・


このブログでもすでに2年間ありがとう、とか感謝の言葉をくれた

ファンがいるよ。


ヒデ:えっまじで。そんなそんなふらふら

   こっちのほうこそありがとうだよ。ごほんっ

   でも、まじでありがとうって言いたい。

   みんな温かくて、よくしてくれて、ほんとありがとうって。


あっという間の2年間だったんじゃない?

ヒデ:そーだねー。2年間っていう短い間だったけど、

   自分でもびっくりするくらい、FC東京が好きになって、

   こんなに愛着が沸くとは思わなかった。

  
そーだねーこの2年いろいろあったからねー

ヒデ:そーだねー。たった2年間だったけど、ほんと内容の濃い

   2年間だったし、貴重な経験となったね。


ヒデ:今年は年初のビリヤードでボロボロにされたから、サッカーも

   そんな感じの1年だった。あれ、まじで1年を占う大事な勝負。

   今年は勝たないと・・・ちっ(怒った顔)

過去記事
http://blblbll.seesaa.net/article/112078902.html


それで川崎にはいつから合流するの?

ヒデ:年明けからだろうね。


最後にブログを見てくれているファンに一言。

ヒデ:いや、ほんとみんな良くしてくれて、ありがとうございました。

   FC東京にいた2年間はほんと楽しかったです。

   この貴重な経験を次にも生かせるように頑張りますexclamation

FC東京HPより
12048.jpg



BLOLO:FC東京での2年間、佐原秀樹を応援してくださった方々

    本当にありがとうございました。

   この場を借りて御礼申し上げます。

   川崎フロンターレとなった佐原秀樹も末長く応援して

   いただけたら幸いに思います。

   ありがとうございました。




posted by BLOLO at 23:04| Comment(39) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

FC東京VSアルビレックス新潟

Jリーグディビジョン1 第34節


2009年12月05日 東北電力ビッグスワンスタジアム ( Away )


FC東京1−1アルビレックス新潟



Jリーグ最終戦。北斗のすばらしいボレーシュートで先制するも、


雨の新潟で惜しくもドローで幕を閉じる結果となった。


順位も最終的には5位となり、前年度の6位より1歩上に上がった。


賞金は以下

 順位         賞金
1 鹿島アントラーズ  2億円
2 川崎フロンターレ  1億円
3 ガンバ大阪     8000万円
4 サンフレッチェ広島6000万円
5 FC東京      4000万円
6 浦和レッズ    2000万円
7 清水エスパルス  1000万円


情熱ある城福監督に変わり、6位、5位とリーグ戦も結果を残し、


更に上のトップ3にも手が届くチームになりつつある。


更に今年はナビスコカップも優勝し、強い東京になりつつあるのは


確かだ。


結果的にACLへの切符は逃し残念ですが、今年1年FC東京の監督、


選手、スタッフの皆さま大変・・・


お疲れ様でした。





posted by BLOLO at 22:18| Comment(17) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

FC東京VSヴィッセル神戸

Jリーグディビジョン1 第33節


2009年11月28日 味の素スタジアム ( Home )


FC東京1−0ヴィッセル神戸


試合は、お互いに決定力を欠き、攻守を切り替える展開が続いた。


田邉→近藤、北斗→椋原と変わって、なんとか流れを変えたい


FC東京であったが、なかなか決定機をつかめずにいた。


同点でホームも終わってしまうか・・・そう時間的に思い始めた


後半42分コーナーキックを平松がきれいに頭で決めGOALモータースポーツ


一気に湧き上がる味スタexclamation×2


平松は移籍後初ゴール。うれしかったでしょうね。


試合はそのまま1点を守り切り、ホーム最終戦を勝利で締めくくる


ことができた。


試合終了後 佐原秀樹コメント

ヒデ:監督から呼ばれピッチに入る準備をしていたら、


   点決めたから、流れ的に急きょ出なくなったんだよねー。

 

そーなんだ、じゃ出てたかもしれなかったんだね。


けど、点取って、藤山出て、勝利してだったら、今日の引退試合


としては、最高のゲームとなったからこれはしょうがないですね。

   


そして、試合終了後、FC東京はホーム最終戦のあいさつと共に、


セレッソ大阪の西澤、ジュビロ磐田の中山など他会場でも


思い出を振り返り感動の場面があったようですが、味スタでも


藤山、浅利のFC東京古参選手がその歴史に幕を閉じる引退セレモニー


が行われた。歴史がある人物であること、家族が出てきて花束を


渡したりと、なかなかジーーーンとくるセレモニーでした。


おそらくスタジアム全体でこのように感動する場面というのも


なかなか無いでしょう。(勝利した感動とは違い)


藤山は来期コンサドーレ札幌で更にプレーを続けると公表。


スタジアムがどよめきました。


いよいよ残る試合もあと1試合。新潟とアウェイで最終戦を迎える。












posted by BLOLO at 23:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

FC東京VSベガルタ仙台

天皇杯4回戦


2009年11月15日 香川県立丸亀競技場 ( 天皇杯 )


FC東京0−3ベガルタ仙台


仙台に完敗です。


東京はいつもの動きが十分できず、先制点を奪われてから堅い守りの


仙台を崩せない。仙台は引いて、カウンターのパターンを見事着実に


決めて、東京は突き放されていった。


ナビスコ優勝の影もなく、木枯らしの中に消えて行ってしまった。


そんな試合後の感想でしょうか。(ボーっとがく〜(落胆した顔)


選手達は当然一生懸命やりましたexclamationしかし、チームとしての満身創痍


の感は否めなかった。


こうなったら残るはJリーグの残り3試合に切り替えていくしか


ありませんね。


千葉、神戸、新潟の3戦は、3戦必勝exclamation×2


試合後コメント(J'sGOALより)

●長友佑都選手(F東京)
「前掛かりになって後半はやられましたが、シュートの形が見えて
こなかった。ボールは支配していてもどこで仕掛けていくのか、どこ
でシュートを意識するのか。ちょっとみんなが迷いながらやっていた
印象がある。相手も引いていて、なかなか崩すのは厳しい。そこでシュ
ートが少ないし、シュートまでのみんなの連動性、コミュニケーション
が取れていなかったと思います。前半も後半もチームの疲労を感じて
いましたが、それは試合になったら関係ない。それでも勝たなければ
上にいけない。リーグ戦は残り3試合しか僕らは残っていない。切り替
えて、それに向けてやっていくしかない」


●羽生直剛選手(F東京)
「最後の工夫だったり、ああいうやり方の相手にどうこじ開けるのか
が課題でもあった。これが、今の力じゃないんですかね。(長友)佑都
が入ってサイドからのクロスを増やしたかった。中の迫力も含めて、
いい形にはならなかった。ハッキリするならもっとハッキリさせたほう
がよかった。最後も3-5-2にしましたが、サイドの選手からボールを入
れるのか、最終ラインから放り込むのかで中のポジショニングも違って
くる。そういう意味では佑都がクロスを上げる回数を増やすのなら、
もっとワイドにしなければいけなかった。最後のところの意思統一と
いう意味では、なかなか統一されていなかったと思います。サリさん
(浅利)とフジさん(藤山)のためにも一番長くやりたかった。でも、
負けたことは事実なので、残り3試合をみんなが満足できるような結果
と内容で、天皇杯の分まで、そういうサッカーを見せたいと思います」


●米本拓司選手(F東京)
「先制されたのが大きかった。自分のスライディングミスで相手にボー
ルが飛んでいった。自分のせいです。サイドから行きたかったんです
が、少し裏が多くなってしまった。それが徹底できていなかった。もっ
とサイドから粘り強く上げてセカンドボールを拾って、ということを繰
り返していたらチャンスは増えていた。それができなかったのが痛かっ
た。コンディションは言い訳に出来ない。完全に負けです。何も言えな
いです。切り替えて(リーグ戦の順位によって)ACLのチャンスもある
ので、しっかりそこへ出場できるように頑張るだけです」

●佐原秀樹選手(F東京)
「典型的な負けパターンにはまったと思います。攻めに入ってカウンタ
ー受けて、という形になってしまった。終わるのが早い。サリさんフジ
さんのためにも頑張りたかった。それが一番の心残りです」

●鈴木達也選手(F東京)
「最悪です。今日だけは負けたくなかった。見せ場が少なかった印象が
ある。簡単にさばいて、いい状態で自分の1対1を仕掛ける場面が来るだ
ろうと思っていた。中盤で簡単にさばいてという動きを繰り返したが、
そういう場面がなくて自分としても不完全燃焼になった。いい選手はそ
ういう状況でも見せ場は作る。自分ももっとレベルアップしたい」







posted by BLOLO at 20:23| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

FC東京VSザスパ草津

天皇杯3回戦


2009年11月11日 長崎県立総合運動公園陸上競技場 ( 天皇杯 )


FC東京3−2ザスパ草津


いや〜草津はいいチームでしたね。


都倉、廣山らが存在感をあらわし、攻守にバランスのとれた


すばらしいサッカーをしてました。


反面、東京はいつもの主力は代表やら、怪我やら、温存などで


中盤のつなぎがあまりよくなく、むしろ草津の中盤がしっかりして


いたせいもあり、近藤、平山らへはよいパスが出せない展開でした。


さすがに途中から北斗、梶山らを出し、中盤への調整が入りましたが。


そして、ついに久し振りに見れました。佐原秀樹ゴールサッカー


コーナーキック(しかも近藤)から、相手DFの間からうまくあわせ、


先制点を決めたexclamation


そして、その先制点をあっさり印象薄くしてしまった、北斗のFK。


すばらしいシュートでしたサッカー無回転


記事投稿が遅くなったこともあり、本人コメントが残念ながら


確認できませんでしたが、代わりに他から引用させていただきます。


川崎時代に仲の良かった戸倉コメントもついでに。


選手コメント(J'sGOALより)

●佐原秀樹選手(F東京)
「こういう一発勝負はセットプレーが大事。先に点を取れて試合を
優位に進められたと思う。難しい試合だと分かっていた。内容でも
差をつけられなかった。勝ちきることが、結果が一番重要。風が強く
てやりにくさはあったが、最後まで集中して勝ちを拾えたのが一番の
収穫」

●都倉賢選手(草津)
「最終的には力の差が少しずつ出て敗戦に繋がった。平山相太さんが
決めたシーンは、センタリングのボールの質にしろ、入り方にしろ
トレーニングですごく洗練された一つのパターンになっていると感じ
た。セットプレーのボールにしても、質が高いと感じた。僕らも全員
攻撃、全員守備のポゼッションサッカーをトライする中で、出来た
部分と出来なかった部分があった。すごく自信を持ってやれたという
のは次に繋がると思いますし、僕らがやってきたことは間違いじゃな
かったというのは僕ら一人ひとりに収穫がありましたし、見ている人
にも証明できたと思います」



都倉も成長著しいですね。



posted by BLOLO at 01:20| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。