2010年12月05日

2010年最終節 仙台戦A

日時:2010年12月04日(土)15:33キックオフ 


会場:ユアテックスタジアム仙台


2010 Jリーグディビジョン 1 第34節


川崎フロンターレ1−1ベガルタ仙台


強風で荒れる仙台にて、2010年リーグ最終戦となる仙台戦が行われた。


試合結果は後半ロスタイムに仙台が意地を見せる1点を入れ、ドローとなった。


最終戦で勝利を掴みかけたこの試合で、勝ちきる切り札で途中出場するかと


期待が高まった。


が、出番は残念ながらなかった。ドローだった。


負けなかった。勝てなかった。






佐原秀樹


1997年に、まだJFL時代に入団した。


今となっては、現役最古参の1人となってしまった。


日産FCプライマリー(神奈川県)[横浜市立寺尾小学校(神奈川県)]
─ 横浜マリノスJr.ユース[横浜市立生麦中学校(神奈川県)] 
─ 桐光学園高校(神奈川県)
─ 川崎フロンターレ
─ グレミオ(ブラジル) 
─ 川崎フロンターレ 
─ FC東京 
─ 川崎フロンターレ 


マリノスユースや桐光学園でかけがえのない仲間や恩師に恵まれた。


俊介は練習の鬼と言われ、最後までグランドに残った。


秀樹はすぐに切り上げるという一見正反対な2人。


「努力を人に見せたくない」


そんな秀樹は帰ってから走ったりした。


マリノスユースに行かず、桐光学園を選んだのは、


「選手権に出たかったから」


フロンターレ入団後は、武者修行で1年ブラジルのグレミオへ渡った。


グレミオとは業務提携をしており、フロンターレをJFLからJリーグ


に昇格するための1つの強化方針で秀樹に白羽の矢がたった。


フロンターレの青と黒のカラーはグレミオにあやかってのもの。


「豆料理ばっか出てきて、食事が大変だった」


その後、川崎に戻り武者修行のせいかを見せるも、


2年も出場できない大けがをし、入院生活。


つらい日々。もう無理かもしれない。でもまだできるさ。


気持ちと体のギャップ。


J2からJ1へ上がるも、1年でまたJ2に陥落。


レベルの違いを肌で感じた。勝負の怖さを改めて感じた。


悔しさをばねにJ1へ再び。


川崎フロンターレ躍進。


チームは強くなった。J2時代のホーム入場者数は数千人なんかめずらしくなかった。


それが、今ではJ1でもトップ5に入るチームになった。


ACLも出場。アウェイ悪路のバス移動なんかもあった。


悩んだ決断の末、2年間のFC東京への移籍。


クラブ側の若手へ切替えたい方針と城福監督の熱いアプローチ。


城福監督とはJFL時代の旧知の仲だった。


新天地での奮起。FC東京2008年6位、2009年5位。


チームのために活躍するも、体の傷は増えていった。


しかし、その代償として神様がくれた褒美は、ナビスコ杯優勝。


努力は必ず報われる。


しかし、治らない傷だらけの体。それとは関係なく続く厳しい試合。


「試合でがんばりますとは、あまり言いたくない。戦ってきます!」


青と赤、青と黒、そんなの関係ない。


「ピッチに立ったらチームのために戦うだけ」


そして川崎で残された「3番」。


クラブ側の敬意を感じた。正直かなりうれしかった。


温かかった。


FC東京に完全移籍を打診されるも、待ってるものがあった。


川崎でやることがあった。


が、残念ながらカップ戦、リーグ戦ともフロンターレとして


頂上に立つという願いはかなわなかった。


そして、2010年12月04日(土)仙台戦。


サブで出場機会を伺うも、ドローで試合が終わる。


あいさつでサポーターのいるスタンドを回り、ふと見つけたある1人の姿。


とっさに、3番のユニホームを脱いだ。


いままで温かく応援し続けてくれた母親に、感謝の気持ちを込め、


そのユニホームを手渡した。


ありがとうを込めて。




川崎フロンターレ「3」佐原秀樹。


そのシーズンも・・・


ゴール前に立つその姿も・・・


ついに最後となってしまった。





http://www.frontale.co.jp/profile/2010/mem_03.html



1.jpg





  
posted by BLOLO at 00:07| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヒデさん本当に引退してしまうのですね。。。
寂しくて仕方ないです。
私は初めてサッカーを味スタに見に行った時にヒデさんに惹かれ、それから「3」のユニを着てずっと応援していました!
サッカー選手で一番最初に好きになった選手がヒデさんです。
だからこれからもずっとずっとヒデさんのことを忘れることはないです。
本当にお疲れ様でした!


BLOLOさんにお願いがあります。
どうぞヒデさんが引退してしまってもこのブログを続けていただけないでしょうか。
時々でいいので、ヒデさんの近況を教えていただけたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。
Posted by かおりん at 2010年12月07日 21:03
公式に出るまで、信じたくなかったのですが…。
やはり引退なのですね。
14年間、お疲れ様でした。
また、ブログを書いてくださったお兄さんにも感謝します。

私はFC東京のサポーターなので、ヒデさんを知ったのは東京に来てからですが、
数々のプレーに魅了されました。
苦しい時、ヒデさんのプレーに数多く助けられました。
ナビスコ優勝も、その貢献のおかげ。

たくさんのありがとうを伝えたいです。

奇しくも 公式戦最後は東京戦でした。
東京もJ2から出直しになりますが、ヒデさんの新しい門出と共に頑張って行きたいと思います。

どうか、お元気で。
ありがとうございました。
Posted by ぽかり。 at 2010年12月07日 22:11
ひでさん14年間お疲れ様でした。
公式HPの引退のコメントに東京サポに向けてのメッセージ嬉しかったです。

ひでさんのおかげでサッカーが大好きになりました。
たくさんの思い出をありがとう!

Posted by miumiu at 2010年12月07日 23:02
数々の怪我などもあるし、数年の内には、引退もあるだろうとは思ってはいましたが、悲しくてたまりません。サッカーを見に行ってる間に、 ヒデさんに惹かれ応援してきました。
14年間の半分… 応援出来て、怪我を心配する事もあったけど、それ以上に楽しい事も たくさんありました。 死んでしまいたい程 辛かった時も、ヒデさんの姿が ありました。

応援させてくれて、本当に ありがとうございました。
引退は、悲しい現実ですが、ヒデさんの今後が 明るいものになる事を 願っています。


本当に 大好きな選手です。。ヒデさん


BLOLOさん ありがとうございました。 これからも、近況報告して頂けたら嬉しいです。
寒くなるので、風邪やインフルエンザなどに お気をつけ下さい。
Posted by ゆみママ at 2010年12月07日 23:14
佐原選手、若くして現役を退くこと、川崎でやり残したことがあるので無念だと思いますがお疲れ様でした。

私は東京サポーターで、昨年の新潟戦の書き込み以降はこちらを覗かさせて頂くのみでしたが、なかなか更新されないのをみて色々状況が良くないのかなと思っておりました。

佐原選手と一緒に闘ったのは2年間だけでしたが(もちろん川崎戻ってからも影ながら応援していましたよ)、あの2年間は忘れられません。

最近のサッカー雑誌を見ると「来年は佐原みたいな選手が必要」、「降格したのは浅利や佐原がいなくなったから」とかいうコメントをよくみます。これは確かで密かに東京再レンタルなんていう甘い妄想を抱いておりましたがもうダメなんですね・・・

本当にありがとうございました。
お疲れ様でした。

長い人生、まだまだこれからです。好きなことを好きなだけやって下さい。
Posted by ほって at 2010年12月08日 00:15
本当に本当なんですね 泣きそうです

東京サポです。
佐原さんが居てくれた2年、絶対忘れません。
サインをもらったシャツ、ずっと大事にします。

川崎に戻った後も、ずっと気になってて・・・

お疲れ様でした。
ありがとうございました。
応援できたことが、本当にうれしいです。
Posted by ちまきん at 2010年12月08日 00:41
ヒデさんの東京サポに向けたメッセージ、うれしかったです。こちらこそありがとう。

私も初めて好きになった選手がヒデさんです。
先日のクラシコがヒデさんの選手での姿が最後だったと思うととても寂しいですが・・・

小平での一緒に撮ってもらった写真とサイン入りユニは宝物です。

本当にありがとうございました。
Posted by あやっこ at 2010年12月08日 00:55
14年間、本当にお疲れ様でした

城福監督とヒデさんのいる東京が大好きでした

城福さんのおっしゃっていた真のプロフェッショナルという言葉

最後までその姿勢をみせてくれたと思います

味スタでのお立ち台、千葉戦の流血、ジュビロ戦で脚で決めたゴール、ナビスコの決勝戦etc
ひとつ、ひとつが鮮明に思いだされます

本人もおっしゃるとおり、これからの人生のほうがとても長い

これからの人生がよりよいものでありますようお祈りしています

BLOLOさん、ヒデさん、本当にありがとうございました
Posted by こやるみ at 2010年12月08日 01:06
佐原選手を好きになってフロンターレも好きになりました。とても楽しかった。

すごく寂しいけれど、ありがとう。
Posted by 川崎サポ at 2010年12月08日 01:18
私はFC東京のサポーターです。
最後の公式戦出場が、味スタでの多摩川クラシコでしたね。
不思議な縁を感じます。
2009年シーズンのレプリカユニフォーム背番号「3」が今も部屋に飾ってあります。
ヒデさん、14年間本当にお疲れ様でした。
ゆっくり身体を休ませてあげて下さい。

Posted by キャラメル at 2010年12月08日 15:25
東京サポです。久々に書き込みさせていただきます。
ヒデさん、14年間本当にお疲れ様でした。14年も在籍した選手ならば、もっと最終試合を特別なものにしてほしかったな、と思う反面、東京を離れる時に必死に涙をこらえていたような、涙もろいヒデさんだから、きっとピッチに立ったら泣いてしまったかもしれないし、かえってあっさりあれはあれで良かったのかもしれない、とも思いました。
ピッチに立った最後の試合となったFC東京戦、私も見に行っていました。久々にヒデさんを見られるのがうれしくて、東京の選手なんてそっちのけで、アップに出てきたヒデさんをずっと見ていました。
ピッチに出るなり、東京サポのホームスタンドへ向けてお辞儀をするヒデさん。シオと抱き合うヒデさん。たった2年だったにもかかわらず本当に東京を大切に思ってくれていたんだな。「FC東京を好きになってしまいました」と言ったヒデさんの言葉は本当だったんだな。そしてヒデさんにとって、この味スタで試合をすることは、きっと特別なものだったんだな。そう思うと、とてもうれしかったです。
悲しいことに、それがピッチに立った最後の試合となってしまいましたが、逆にそれがFC東京戦であって本当によかったと思っています。
ヒデさん、今まで本当にお疲れ様でした。これからはきっと別の夢に向かって進んで行かれるのだと思います。ヒデさんがおっしゃる通り、この先の人生の方が長いわけですから、またヒデさんらしく、熱くつきすすんでください。
最後にBLOLOさん。おかげ様で遠いはずのヒデさんが、ファンにとってとても近い存在に思えました。引退という言葉を聞いて、とてもヒデさんが遠くへ行ってしまうような不安にかられているファンの方もたくさんいらっしゃると思います。かおりんさんもおっしゃっていますが、ぜひたまにはヒデさんの近況についてUPいただけたら嬉しいです。宜しくお願い致します。
Posted by すったん at 2010年12月08日 21:33



サッカーを好きになったのもフロンターレを好きになったのも佐原選手のおかげです。
引退してしまうのはとても悲しいです。
お疲れ様でした。
そしてありがとうございました。
Posted by エリカ at 2010年12月08日 23:18
ファンミでの優しい笑顔が忘れられません。
等々力でも試合より佐原選手をつい見てしまいました・・・
Posted by どど at 2010年12月09日 00:43
数年前の私には、サッカー選手の引退の記事を読んで涙を流す、なんて信じられないと思いますが…すっかりサッカー好き、フロンターレ好きになっていて、今年の冬はキツイです。

公式の前の噂の段階でショックを受け、公式の発表やヒデさんのコメントで号泣。

こちらのブログを読んで、また泣けました。

今年フロンターレに帰ってきてくれて本当にうれしかったし、麻生グランドでも優しくしてもらったし、もう少し、もう少し、見ていたかったです。

プレーも、顔も、性格も、大好きです。

他の方も書いているように、ぜひぜひ、少しでもいいので、これからもヒデさんの様子をお知らせください。

ヒデさん、お疲れ様でした。
ありがとう♪
Posted by サンフラ at 2010年12月09日 15:27
引退なんですね〜
いつかはくるであろう時が今年だったんですね・・・

これからまた新しい人生のスタートですね。佐原君にとって実りのあるスタートになりますように。。。

いつまでも応援しています。

お疲れ様でした☆
Posted by さくら at 2010年12月10日 13:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/171850767

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。