2010年12月05日

2010年最終節 仙台戦A

日時:2010年12月04日(土)15:33キックオフ 


会場:ユアテックスタジアム仙台


2010 Jリーグディビジョン 1 第34節


川崎フロンターレ1−1ベガルタ仙台


強風で荒れる仙台にて、2010年リーグ最終戦となる仙台戦が行われた。


試合結果は後半ロスタイムに仙台が意地を見せる1点を入れ、ドローとなった。


最終戦で勝利を掴みかけたこの試合で、勝ちきる切り札で途中出場するかと


期待が高まった。


が、出番は残念ながらなかった。ドローだった。


負けなかった。勝てなかった。






佐原秀樹


1997年に、まだJFL時代に入団した。


今となっては、現役最古参の1人となってしまった。


日産FCプライマリー(神奈川県)[横浜市立寺尾小学校(神奈川県)]
─ 横浜マリノスJr.ユース[横浜市立生麦中学校(神奈川県)] 
─ 桐光学園高校(神奈川県)
─ 川崎フロンターレ
─ グレミオ(ブラジル) 
─ 川崎フロンターレ 
─ FC東京 
─ 川崎フロンターレ 


マリノスユースや桐光学園でかけがえのない仲間や恩師に恵まれた。


俊介は練習の鬼と言われ、最後までグランドに残った。


秀樹はすぐに切り上げるという一見正反対な2人。


「努力を人に見せたくない」


そんな秀樹は帰ってから走ったりした。


マリノスユースに行かず、桐光学園を選んだのは、


「選手権に出たかったから」


フロンターレ入団後は、武者修行で1年ブラジルのグレミオへ渡った。


グレミオとは業務提携をしており、フロンターレをJFLからJリーグ


に昇格するための1つの強化方針で秀樹に白羽の矢がたった。


フロンターレの青と黒のカラーはグレミオにあやかってのもの。


「豆料理ばっか出てきて、食事が大変だった」


その後、川崎に戻り武者修行のせいかを見せるも、


2年も出場できない大けがをし、入院生活。


つらい日々。もう無理かもしれない。でもまだできるさ。


気持ちと体のギャップ。


J2からJ1へ上がるも、1年でまたJ2に陥落。


レベルの違いを肌で感じた。勝負の怖さを改めて感じた。


悔しさをばねにJ1へ再び。


川崎フロンターレ躍進。


チームは強くなった。J2時代のホーム入場者数は数千人なんかめずらしくなかった。


それが、今ではJ1でもトップ5に入るチームになった。


ACLも出場。アウェイ悪路のバス移動なんかもあった。


悩んだ決断の末、2年間のFC東京への移籍。


クラブ側の若手へ切替えたい方針と城福監督の熱いアプローチ。


城福監督とはJFL時代の旧知の仲だった。


新天地での奮起。FC東京2008年6位、2009年5位。


チームのために活躍するも、体の傷は増えていった。


しかし、その代償として神様がくれた褒美は、ナビスコ杯優勝。


努力は必ず報われる。


しかし、治らない傷だらけの体。それとは関係なく続く厳しい試合。


「試合でがんばりますとは、あまり言いたくない。戦ってきます!」


青と赤、青と黒、そんなの関係ない。


「ピッチに立ったらチームのために戦うだけ」


そして川崎で残された「3番」。


クラブ側の敬意を感じた。正直かなりうれしかった。


温かかった。


FC東京に完全移籍を打診されるも、待ってるものがあった。


川崎でやることがあった。


が、残念ながらカップ戦、リーグ戦ともフロンターレとして


頂上に立つという願いはかなわなかった。


そして、2010年12月04日(土)仙台戦。


サブで出場機会を伺うも、ドローで試合が終わる。


あいさつでサポーターのいるスタンドを回り、ふと見つけたある1人の姿。


とっさに、3番のユニホームを脱いだ。


いままで温かく応援し続けてくれた母親に、感謝の気持ちを込め、


そのユニホームを手渡した。


ありがとうを込めて。




川崎フロンターレ「3」佐原秀樹。


そのシーズンも・・・


ゴール前に立つその姿も・・・


ついに最後となってしまった。





http://www.frontale.co.jp/profile/2010/mem_03.html



1.jpg





  
posted by BLOLO at 00:07| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

2010年最終節 仙台戦@

日時:2010年12月04日(土)15:33キックオフ 


会場:ユアテックスタジアム仙台


2010 Jリーグディビジョン 1 第34節


川崎フロンターレ1−1ベガルタ仙台


強風で荒れる仙台にて、2010年リーグ最終戦となる仙台戦が行われた。


試合結果は後半ロスタイムに仙台が意地を見せる1点を入れ、ドローとなった。


最終戦で勝利を掴みかけたこの試合で、勝ちきる切り札で途中出場するかと期待が高まった。


が、出番は残念ながらなかった。ドローだった。


負けなかった。勝てなかった。




つづく






・・・・・・・・・・。























posted by BLOLO at 22:55| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。