2009年11月28日

FC東京VSヴィッセル神戸

Jリーグディビジョン1 第33節


2009年11月28日 味の素スタジアム ( Home )


FC東京1−0ヴィッセル神戸


試合は、お互いに決定力を欠き、攻守を切り替える展開が続いた。


田邉→近藤、北斗→椋原と変わって、なんとか流れを変えたい


FC東京であったが、なかなか決定機をつかめずにいた。


同点でホームも終わってしまうか・・・そう時間的に思い始めた


後半42分コーナーキックを平松がきれいに頭で決めGOALモータースポーツ


一気に湧き上がる味スタexclamation×2


平松は移籍後初ゴール。うれしかったでしょうね。


試合はそのまま1点を守り切り、ホーム最終戦を勝利で締めくくる


ことができた。


試合終了後 佐原秀樹コメント

ヒデ:監督から呼ばれピッチに入る準備をしていたら、


   点決めたから、流れ的に急きょ出なくなったんだよねー。

 

そーなんだ、じゃ出てたかもしれなかったんだね。


けど、点取って、藤山出て、勝利してだったら、今日の引退試合


としては、最高のゲームとなったからこれはしょうがないですね。

   


そして、試合終了後、FC東京はホーム最終戦のあいさつと共に、


セレッソ大阪の西澤、ジュビロ磐田の中山など他会場でも


思い出を振り返り感動の場面があったようですが、味スタでも


藤山、浅利のFC東京古参選手がその歴史に幕を閉じる引退セレモニー


が行われた。歴史がある人物であること、家族が出てきて花束を


渡したりと、なかなかジーーーンとくるセレモニーでした。


おそらくスタジアム全体でこのように感動する場面というのも


なかなか無いでしょう。(勝利した感動とは違い)


藤山は来期コンサドーレ札幌で更にプレーを続けると公表。


スタジアムがどよめきました。


いよいよ残る試合もあと1試合。新潟とアウェイで最終戦を迎える。












posted by BLOLO at 23:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

FC東京VSベガルタ仙台

天皇杯4回戦


2009年11月15日 香川県立丸亀競技場 ( 天皇杯 )


FC東京0−3ベガルタ仙台


仙台に完敗です。


東京はいつもの動きが十分できず、先制点を奪われてから堅い守りの


仙台を崩せない。仙台は引いて、カウンターのパターンを見事着実に


決めて、東京は突き放されていった。


ナビスコ優勝の影もなく、木枯らしの中に消えて行ってしまった。


そんな試合後の感想でしょうか。(ボーっとがく〜(落胆した顔)


選手達は当然一生懸命やりましたexclamationしかし、チームとしての満身創痍


の感は否めなかった。


こうなったら残るはJリーグの残り3試合に切り替えていくしか


ありませんね。


千葉、神戸、新潟の3戦は、3戦必勝exclamation×2


試合後コメント(J'sGOALより)

●長友佑都選手(F東京)
「前掛かりになって後半はやられましたが、シュートの形が見えて
こなかった。ボールは支配していてもどこで仕掛けていくのか、どこ
でシュートを意識するのか。ちょっとみんなが迷いながらやっていた
印象がある。相手も引いていて、なかなか崩すのは厳しい。そこでシュ
ートが少ないし、シュートまでのみんなの連動性、コミュニケーション
が取れていなかったと思います。前半も後半もチームの疲労を感じて
いましたが、それは試合になったら関係ない。それでも勝たなければ
上にいけない。リーグ戦は残り3試合しか僕らは残っていない。切り替
えて、それに向けてやっていくしかない」


●羽生直剛選手(F東京)
「最後の工夫だったり、ああいうやり方の相手にどうこじ開けるのか
が課題でもあった。これが、今の力じゃないんですかね。(長友)佑都
が入ってサイドからのクロスを増やしたかった。中の迫力も含めて、
いい形にはならなかった。ハッキリするならもっとハッキリさせたほう
がよかった。最後も3-5-2にしましたが、サイドの選手からボールを入
れるのか、最終ラインから放り込むのかで中のポジショニングも違って
くる。そういう意味では佑都がクロスを上げる回数を増やすのなら、
もっとワイドにしなければいけなかった。最後のところの意思統一と
いう意味では、なかなか統一されていなかったと思います。サリさん
(浅利)とフジさん(藤山)のためにも一番長くやりたかった。でも、
負けたことは事実なので、残り3試合をみんなが満足できるような結果
と内容で、天皇杯の分まで、そういうサッカーを見せたいと思います」


●米本拓司選手(F東京)
「先制されたのが大きかった。自分のスライディングミスで相手にボー
ルが飛んでいった。自分のせいです。サイドから行きたかったんです
が、少し裏が多くなってしまった。それが徹底できていなかった。もっ
とサイドから粘り強く上げてセカンドボールを拾って、ということを繰
り返していたらチャンスは増えていた。それができなかったのが痛かっ
た。コンディションは言い訳に出来ない。完全に負けです。何も言えな
いです。切り替えて(リーグ戦の順位によって)ACLのチャンスもある
ので、しっかりそこへ出場できるように頑張るだけです」

●佐原秀樹選手(F東京)
「典型的な負けパターンにはまったと思います。攻めに入ってカウンタ
ー受けて、という形になってしまった。終わるのが早い。サリさんフジ
さんのためにも頑張りたかった。それが一番の心残りです」

●鈴木達也選手(F東京)
「最悪です。今日だけは負けたくなかった。見せ場が少なかった印象が
ある。簡単にさばいて、いい状態で自分の1対1を仕掛ける場面が来るだ
ろうと思っていた。中盤で簡単にさばいてという動きを繰り返したが、
そういう場面がなくて自分としても不完全燃焼になった。いい選手はそ
ういう状況でも見せ場は作る。自分ももっとレベルアップしたい」







posted by BLOLO at 20:23| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

FC東京VSザスパ草津

天皇杯3回戦


2009年11月11日 長崎県立総合運動公園陸上競技場 ( 天皇杯 )


FC東京3−2ザスパ草津


いや〜草津はいいチームでしたね。


都倉、廣山らが存在感をあらわし、攻守にバランスのとれた


すばらしいサッカーをしてました。


反面、東京はいつもの主力は代表やら、怪我やら、温存などで


中盤のつなぎがあまりよくなく、むしろ草津の中盤がしっかりして


いたせいもあり、近藤、平山らへはよいパスが出せない展開でした。


さすがに途中から北斗、梶山らを出し、中盤への調整が入りましたが。


そして、ついに久し振りに見れました。佐原秀樹ゴールサッカー


コーナーキック(しかも近藤)から、相手DFの間からうまくあわせ、


先制点を決めたexclamation


そして、その先制点をあっさり印象薄くしてしまった、北斗のFK。


すばらしいシュートでしたサッカー無回転


記事投稿が遅くなったこともあり、本人コメントが残念ながら


確認できませんでしたが、代わりに他から引用させていただきます。


川崎時代に仲の良かった戸倉コメントもついでに。


選手コメント(J'sGOALより)

●佐原秀樹選手(F東京)
「こういう一発勝負はセットプレーが大事。先に点を取れて試合を
優位に進められたと思う。難しい試合だと分かっていた。内容でも
差をつけられなかった。勝ちきることが、結果が一番重要。風が強く
てやりにくさはあったが、最後まで集中して勝ちを拾えたのが一番の
収穫」

●都倉賢選手(草津)
「最終的には力の差が少しずつ出て敗戦に繋がった。平山相太さんが
決めたシーンは、センタリングのボールの質にしろ、入り方にしろ
トレーニングですごく洗練された一つのパターンになっていると感じ
た。セットプレーのボールにしても、質が高いと感じた。僕らも全員
攻撃、全員守備のポゼッションサッカーをトライする中で、出来た
部分と出来なかった部分があった。すごく自信を持ってやれたという
のは次に繋がると思いますし、僕らがやってきたことは間違いじゃな
かったというのは僕ら一人ひとりに収穫がありましたし、見ている人
にも証明できたと思います」



都倉も成長著しいですね。



posted by BLOLO at 01:20| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

ナビスコ優勝

ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

2009 Jリーグヤマザキナビスコカップ

2009.11.03

           ぴかぴか(新しい)優 勝ぴかぴか(新しい)


ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


2009年11月03日 国立競技場 ( ナビスコ )


FC東京2−0川崎フロンターレ


石川、長友(途中交代しましたが)など主力を欠き、下馬評では川崎


有利かと噂されていたこの試合。


それを2−0という完封勝利で見事、カップを手にすることが


できたFC東京の皆さん、本当におめでとうございますとまず言いたい


ですね。


輝かしい歴史が、また1つ☆、しっかりと刻むことが出来ました。


どんな小さな大会や大きな大会であろうと、一番になるということは


大変なことだと思います。それをしっかり成し遂げたFC東京。


すばらしい戦いでしたもうやだ〜(悲しい顔)


佐原秀樹も後半逃切りの切り札として出場し、この優勝した大事な


一戦にメンバーとして出れたことはさぞ貴重な経験、一生の思い出


となることでしょう。・・・



ヒデ「昨日は遅くまで飲んでた・・・」
 
   案外冷静な口調で。2日酔いか??


ヒデ「タイトルを獲れた事は、ほんと良かった。」

   ここも冷静に。


1億円のカードを受取ることになったのは?決まってた?

ヒデ「いや、なんか階段上っている時に、周りの選手達から

   お願いされたというか、うながされたというか・・・」

それは、年上だから?

ヒデ「っぷ(笑)、それもあるのかな・・・」


ニュースなんかでもアップでカード掲げている場面が出てたよ?

ヒデ「そーなんだ〜(恥ずかしげ)」



と、まあ2日酔いだったのかはよく分からなかったけど、


淡々としてました。



とにかく、2009ヤマザキナビスコカップ FC東京


ぴかぴか(新しい)優勝ぴかぴか(新しい)


おめでとうexclamation×2




posted by BLOLO at 21:39| Comment(9) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

明日はナビスコ決勝

明日は、


いよいよナビスコ決勝ですexclamation


ここまでこれただけでも、すごいことですが、


一度きりの決勝の舞台。明日の一発勝負でどちらかに


輝かしい歴史がまた一つ刻まれることになりますねぴかぴか(新しい)


相手は爆発的攻撃力をもつ川崎フロンターレ。


ここ最近はどちらもチームとして好調で来ているので


おもしろい試合になるのではないでしょうか。


栄冠を手に入れることが出来るか出来ないか・・・


悔いの残らないような戦いをすればおのずと結果はついてくるかと


思います。


ピッチとサポーターは熱い試合になると思いますが、


予想以上の寒波が来襲してきております台風


今日の夜も超寒いですが、応援に行かれる方々は防寒対策を


しっかりして熱い応援を送りましょう。







posted by BLOLO at 23:28| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。